最近の記事
2014年06月17日

英語が話せるように

実は中学3年2学期までの英語の知識があれば、3ヵ月で話せるようになることは可能です

本当に81文+応用文121センテンスだけで、英語が話せるようになります

「Simple English/Magic 81+Grammar」英語トレーニングのスーパーメソッド
今までの英語学習法とは、アプローチが全然違います。

最初は戸惑いを感じるかも知れませんが、過去14,800人以上の“成功者”を生み出してきた実証済トレーニング方法です!

1.通信教材、CDブックを買ってみようか?
2.TOEICなどの資格試験を受けようか?
3.スクールにいこうか?

あれこれやる前に Simple English をやると、英語の全体像が分かり「超」効率的になります。

まずは Simple English から始めるのがベストです。


遠藤メソッド式 英会話速習プログラム「発音編」+3000語の語彙力が身に付くアニメで覚える英単語付き英語教材

1日20分の英語トレーニングを3ヵ月でOK!
中3レベルがやっとの英語力で英語を自由に使いこなす

英会話速習プログラム
英語が話せるようになります
タグ:英語
posted by 英会話速習 at 03:23 | 英語が話せるように | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさんの英語の偏差値が低いのは

みなさんの英語の偏差値が低いのは
奇跡の英語勉強法

勉強が苦手な生徒の英語の偏差値を劇的に上げる勉強方法があるなら…
鳴かず飛ばずの英語の成績を劇的にアップさせるノウハウがあるなら…
予備校や塾の授業を受けずに、参考書の自学自習だけでライバルに追いつく方法があるなら…



E判定から奇跡の逆転合格を続出させた武田塾秘伝の英語勉強法

英語の偏差値を急激にあげる!武田式!奇跡の英語勉強法


みなさんの英語の偏差値が低いのは、みなさんのせいではありません。
既存の英語教育の在り方に問題があるため、
英語の偏差値が伸びないのです。

ちょっと考えてみてください。

英語の授業、1週間に何時間受けていますか?
現役生なら高校で毎週5時間、1か月に20時間、1年間で約200時間は
英語の授業を受けているはずです。

予備校に行っている人ならそれとおなじぐらいの時間、
もしくはそれ以上の授業を受けているはずです。
高校生活、受験生活でのべ600時間から1000時間も英語の授業を受けている。

それでも偏差値が伸びない。
英語ができるようにならない。

これは授業がおかしい、高校がおかしいとしか思えません。

武田塾は1時間も授業をせず、生徒の偏差値を急激に上げています。
信じられないかもしれませんが、私の塾では授業をしません。

授業をしないでどうやって偏差値を上げるの?
授業なしじゃ無理じゃない?

と、思うかもしれません。
では逆にみなさんに聞きます。

授業で偏差値が伸びるなら、何百時間も英語の授業を受けている皆さんは
もうかなりの偏差値になっているはずではないですか?

実際は、みなさんの偏差値は低いまま。
そして、英語ができないままです。

何百時間も受講して、できるようにならない授業なんて要りません。
だから私たちは授業をしません。

偏差値を上げるには授業はなじまないのです。
なぜなら他の受験生と差をつけなければなりません。
みんなと同じ授業を受け、同じ教科書で勉強して差がつくわけがありません。

だから、みんなと違った方法、独自の方法が必要です。

英語の偏差値を急激にあげる!武田式!奇跡の英語勉強法

「Simple English/Magic 81+Grammar」英語トレーニングのスーパーメソッド
中3レベルがやっとの英語力で英語を自由に使いこなす

みなさんの英語の偏差値が低いのは
奇跡の英語勉強法 偏差値
英会話速習プログラム
posted by 英会話速習 at 03:20 | 奇跡の英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
英会話速習プログラム